プラバンにポスカやアクリルマーカーで着色するやり方

 

こんにちは!たまちゃんです♡

プラバンで作品を作るにあたって、ポスカで着色することがとても多いのですが

簡単そうでなかなか奥が深いポスカ塗り、、、

今回はポスカ塗りについてご紹介していきたいと思います( ^ω^ )

たまちゃん愛用ポスカ

 

まずはこちら!↓

 

たまちゃんが愛用しているポスカです。

主に、極細のポスカを使用していて、全色持っています。

 

あとはこちら!↓

この細字のポスカも使います。

こちらは、塗る面が広いときに活用しています( ^ω^ )

とくに必需品なのがホワイト!!

透け感を出さないようにホワイトを前面に塗ったり、肌色を塗る時にパステルオレンジと混ぜたりもしています。

愛用アクリルマーカー

 

ポスカとは違うメーカーですが、

アクリルマーカーもオススメです!

ポスカ以外にこちらを愛用しています♪

どちらも、ポスカには無いカラーが揃っているのでオススメ!

 

ポスカ塗りのPOINT

 

ポスカを塗る時のPOINTはこちら!

じゃじゃん!

[list class=”li-check”]

  • 塗る前に試し描きをする
  • 色が混ざらないように乾かしながら作業する
  • 弾かないように注意する

[/list]

だいたいこの3点に気をつけると綺麗に着色できるかと思います( ^ω^ )

 

試し描きについて

 

試し描きについてですがポスカは乾燥して固まりやすく

いざ使おうとするとカスカスしてインクが出ないことが多いです。

その状態でプラバンに描き始めて、インクが出ないからペン先を押してみたら

プラバンにインクが『ビシャ!!』なんんてことも。

なので、なんでもいいので『試し書き用の紙』を用意してそちらに描いてみてからプラバンに描くとGOODです。

 

[memo title=”MEMO”]ポスカをシャカシャカと振って、ペン先を押さずにサラサラと試し描きしているうちに良い感じにインクが出てきます( ^ω^ )♡[/memo]

色が混ざらないように乾かしながら作業する

 

POINT2つめは、色が混ざらないように乾かしながら作業するということ。

たまに、たまちゃんもやってしまうのですが

早く塗りたいが為に、ついつい、まだ乾いていない状態で次の色も塗り始めちゃう。

すると、隣に塗ったばかりの色と混ざってグチャ〜ってなってしまう(´;ω;`)

こうなってしまったら、拭き取って最初から塗り直しです。泣

そうならないためにも、しっかり乾かしながら塗るのがPOINTです!

早く乾かしたい場合はドライヤーなどの風をあててあげるという裏技も( ^ω^ )

[alert title=”注意”]ドライヤーの風をあてて乾燥させる場合は、温風をプラバンの近くであててしまうと熱でプラバンが歪んでしまう恐れも(´;ω;`)冷たい風を当てるか、温風の場合はプラバンから離して風をあてましょう。[/alert]

 

弾かないように注意する

 

POINT3つめは、ポスカが弾かないように注意する!です。

プラバンは、もともとツルツルしている状態なのでヤスリがけをしていない状態や、フロストプラバンじゃない場合はポスカがとても弾きやすいのです。

 

なので、ポスカで着色する場合は

[list class=”li-niku”]

  • プラバンにヤスリがけをする
  • フロストプラバンを使う
  • エタノールで油分をしっかり拭き取って乾かしてから塗る

[/list]

などの対策をするとGOODです( ^ω^ )

 

エタノールの使い方については、こちらの記事でも紹介しています♡↓

[sanko href=”https://www.pra-channel.com/sitajyunnbi/” title=”プラバンの下準備” site=”ぷらばんちゃんねる”]

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はプラバンにポスカで着色する場合のPOINTを3つご紹介させて頂きました♡

ぜひ参考にしてプラバン作りを楽しんでみてください( ^ω^ )

関連記事

PAGE TOP